環境で数値が変化

野菜

血液の検査結果の一覧の中にヘモグロビンa1cという項目があります。これは、自分の血糖状態を知る上で非常に重要なものです。血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種です。ヘモグロビンは、酸素と結合して酸素を体じゅうに届ける働きをしています。血液中のブドウ糖と結合するという性質があります。そのブドウ糖と結合した一部がヘモグロビンa1cと呼ばれています。血液検査では、正常な人のヘモグロビンa1cの値は5.8%以下です。この数値以上だと高血糖状態が続いていることになります。この数値が8.0%を超えた状態が長く続くことで体にはさまざまな症状があらわれてくるので注意が必要です。食事の前後で数値は当然違ってきます。また、ストレスによっても数値が上がることもあります。

以前の検査よりも血糖値が下がっていたとしても、ヘモグロビンa1cの数値が上がっていた場合があります。これは、血糖値が下がっているということではありません。たまたま検査当日に血糖値が下がっていただけで、実は血糖状態が良くないことのあらわれです。ですから、長い目で自分の体がどのような状態になっているかは、ヘモグロビンa1cの数値がとても重要になってきます。血糖値の数値と合わせてヘモグロビンa1cの数値にも注意が必要です。その反対に、血糖値の数値にあまり変化がなく、ヘモグロビンa1cの数値が下がっている場合は体にとっては、とても良い状態のあらわれです。しかし、運動や食事制限だけではどんなにがんばっても数値はなかなか改善しないのも事実です。