数値を出して早く対策

野菜ジュース

健康診断などでよく、血糖値の値を気にするケースがありますよね。血糖値が高ければそれが原因であらゆる病気を引き起こすことになりますし、体全体の調子も万全とはいかなくなります。 血糖値の値というもの自体も重要になってきますが、健康診断、血液検査等でさらにチェックされることになるのがヘモグロビンa1cの値です。このヘモグロビンa1c、一体なんのことかと言うと、血液中に含まれるヘモグロビンという成分とブドウ糖とが結合したものです。ヘモグロビンとは知っての通り、血液の中に含まれる成分で酸素を全身に運ぶための重要な役目を果たしています。ブドウ糖は摂取量が多ければ多くなるほど、体内でこのヘモグロビンと結合する割合も増えていくため、このヘモグロビンa1cの数値の高さによって高血糖かどうかもわかってしまうということです。

前にも述べたように、血糖値が高くなるとあらゆる病気へのリスクが高まります。特に注意しておきたいのが糖尿病です。糖尿病は自覚症状があまりないのにかかわらず、がんや心臓病、脳梗塞などさらに怖い病気を引き起こす可能性が高まります。できることなら、そうなる前の段階でその状態を改善しておきたいものです。 ヘモグロビンa1cの数値を低くするためにまずできることは、食事改善や適度な運動です。要は糖の過剰摂取がその原因となっているのですからその根本を正していけばいいのです。もちろん、人によっては難しいケースもあるでしょうから、しっかりと専門医の診察は受けておく必要があります。場合によっては薬を使ってそれを改善していくこともできるので、気になる人はまず、専門の医療機関で検査や診察を受けてみましょう。